2011年07月29日

vo.191/// CASIO G−SHOCK Reflex Dial GLS-5600KL-1

images.jpeg時計の歴史を刻む名作シリーズをご紹介

CASIO G−SHOCK Reflex Dial GLS-5600KL-1

カシオの5600シリーズ。
今回はリフレックス・ダイアル シリーズというモデルですがどうでしょうね?
改めて『リフレックス』という意味を辞書で引いてみますと「反射性の」とか「反射的な」というような意味でした。

リフレックスなダイアルの5600シリーズのG−SHOCKを作ってみたらこんなにオシャレに仕上がっちゃいました!! ビックリ!!みたいな感じだったのでしょうか?
でも思った以上にいいですよね? これ。

そのネーミングとなった由来は、当然文字盤にあるのですが『人口オパール』なるものを採用して、とにかく時計を見るたびにピカピカ、キラキラと光を反射させ、輝きを放つゴージャス感が売りのようです。
それにより文字盤は、ちょっとユニークなカラーリングになっているので若干、好き嫌いがはっきりするかも知れませんが…

それより何より、この5600シリーズだけで一体どれだけの兄弟がいるんだろう?と、ふと素朴な疑問を持ちました。
答えは判らなかったものの、1つの型で数多くのモデルが登場してはヒットさせるというCASIOのビジネスに、『その手に乗るものか!!』と、抵抗を試みようと思っても、なんだか知らないけど、ついつい欲しくなってしまうんですよね。

興味のない方には、まったく理解できないことなのでしょうが大好きな人には買わずにいられないほど魅力的な魔法のアイテムなんだと思います。

文字盤キラキラの外観には、ゴールドの尾錠がバッチリはまりますし、全体的に光沢のある仕上げですから、これが売れない訳がないんですよ。
G−SHOCK万歳ですね!!
あぁ…  また買っちゃいそう…



posted by   at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。